脱サラ農園奮闘記 ~初めての野菜づくり~

福岡県糸島にある「大石ファーム」での野菜づくりや体験農園に関する話題をお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨時安蔵里塾「炭素循環農法」[2010/5/10]

今日は、ブラジルから来日中の林さんに糸島にお越しいただき、「炭素循環農法」について教えていただきました。
朝、博多駅のホテルにお迎えに行き、都市高速で糸島へ(やはり都市高早いね~)

あいにくの雨でしたが大石ファームの5つの畑、田をざっと見ていただきました。

第一農園へ到着。
参加者が随時到着されビニールハウスの中でお話いただきましたが、雨が上がりそうもないので予定より早く伊都安蔵里に場所を移し交流会となりました。
参加者は、宮崎の綾町など既に取り入れておられる方も各地より参加され、24名となりました。

炭素01

炭素02

炭素03

パワーポイントでブラジル、日本の炭素循環農法を取り組んでいる農場のご紹介をいただきました。
ブラジルのレタスを作っている農場は240haと途方も無い大きさ。(大石ファームは約5反、1500坪なのでなんと480倍もの広さ。見渡す限り畑なんでしょうね。驚きです。見てみたいものです。)

お昼休憩もなくノンストップで2時半まであっと言う間でした。
「環境の循環を守りながら慣行農法を越える収量を得ない農業は本物ではない」と、とても熱く語っていただきました。


「炭素循環農法」を取り入れ数年経つと、雨上がりには畑に竹ざおを指すと2mほども刺さるほど団粒化してくる。
激しい雨が降っても水たまりができないので、畝たてする必要も無い。
廃菌床、雑草、緑肥作物などを畑にまいた後、約5センチほど混ぜる。(深く鋤き込んではいけない)


など、とても興味深い話をしてたくさんしていただきました。
ぜひ取り入れられるところは実践してみようと思います。
一番効果的なのは廃菌床なのですが、一反あたり約800キロもの量を定期的に投入する必要があり、これを確保できるかがポイントになりそうです。

でもご紹介いただいたような畑や作物をぜひ作ってみたいです。




「炭素循環農法」に興味がある方はぜひ以下のサイトも参照くださいね。


【関連リンク お勧めサイト】

●たんじゅん農法の広場
http://tanjunnou.blog65.fc2.com/

●「炭素循環農法」の講座      
http://page.freett.com/tenuki/

●「心は光」         
http://freett.com/hikari224/hp0/homepage.htm
(「炭素循環農法」の、人間の側からでなく、自然の側から観ることの元になったホームページ )

●もどきさんのブラジルの写真集
http://picasaweb.google.co.jp/nikyuni/

●[mixi]の「炭素循環農法」トピック
http://mixi.jp/list_bbs.pl?id=4166693&type=bbs
※ただし、[mixi]は、入会が必要です。入会するには、入会者の紹介がいります。
 
●まさき農園のホームページ
http://frogfarm.sakura.ne.jp/top/ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oishifarm.blog12.fc2.com/tb.php/4-91b65b68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。